Top > 便秘 > ぽっこりお腹の原因となる便秘を解消する

ぽっこりお腹の原因となる便秘を解消する

お腹だけがぽっこりしているぽっこりお腹は、腸の機能低下によって起こっています。ですから、ぽっこりお腹の解消を考える時は、まずは腸のしくみを知ることが大切です。

 

腸の機能を低下させている原因はいろいろ考えられますが、一つの大きな要因は便秘です。

 

便秘は毎日排便しているかどうかにかかわりなく、すっきりとした排便がない状態のことを言います。便秘になると、腸内に100兆個存在するといわれている腸内細菌のバランスに変化が生じます。

 

腸内細菌は、人間の体にプラスの働きをする善玉菌と逆にマイナスの働きをする悪玉菌とのグループに分けることができます。

 

善玉菌と悪玉菌とは常にシーソーゲームのようにどちらが一方が優位になり、もう片方が劣勢になるということを日々繰り返しています。善玉菌が優勢の時は、善玉菌が腸を刺激する酸をたくさん放出していますので腸は活発に働いてくれます。

 

ところが、便秘が続くと悪玉菌のほうが優勢になり、善玉菌の働きは抑えられてしまうのです。その結果、腸の働きは鈍くなり、腸内に老廃物がたまります。

 

腸にたまった便とガスがぽっこりお腹をますます悪化させているのです。これではいくらダイエットをしてもお腹をすっきり解消させることはできません。

 

では、善玉菌を優勢にして腸の働きを回復させるにはどうすればよいでしょうか?

 

それには、善玉菌のエサとなるものを腸内にたくさんとり入れることです。善玉菌のエサとなるものこそ、食物繊維です。

 

食物繊維は胃や小腸で消化されないところに特徴があります。大腸にそのまま届くので大腸に棲む善玉菌のエサとなることができるのです。

 

ところで、食物繊維でもとり方によっては便秘の元となることがあります。水分が不足して便がかたくなったり、栄養バランスが偏ってしまうのです。また食物繊維のとりすぎでカロリーが高くなり、かえって太ってしまうこともあります。

 

便秘を解消しつつ、お腹まわりもすっきりさせたいという時は、便をやわらかくする作用をもつ食物繊維を摂取するのが理想的です。子供用の青汁を見つける!

 

便秘

関連エントリー
ぽっこりお腹の原因となる便秘を解消する増えている子どもの直腸の変形便秘で海外で、トイレ気軽に行けないよね