Top > 注目 > エレベーターで起こりがちな故障パターン

エレベーターで起こりがちな故障パターン

エレベーターは毎日稼働するものとなるため、定期的にメンテナンスや点検が必要となりますが、こちらを行っていても故障してしまうことは多いとされています。

 

よくある原因としては、電気系統とドアの開閉不良となります。

 

電気系統の場合としては、回路の接触不良であったり、雨漏りで漏電してしまうなどの原因が挙げられます。

 

エレベーターのリニューアル

 

ドアの開閉がうまくいかないのは、電気系統の場合もあれば、ドアの駆動部分が破損してしまったなどの原因が挙げられます。

 

他にも、エレベーターを制御する系統が壊れてしまい、動かせなくなってしまう場合もあります。

 

エレベーターも機械となるため、故障してしまう前には変な音がなっていたり、揺れがいつもより激しい、などの前兆があるようです。

注目

関連エントリー
エレベーターで起こりがちな故障パターンフラッシュモブを長崎でやりたいペットで動かなければ何事も終わりません居間とキッチンと2台同時にクラチャイダムゴールドのダイエット効果が気になるのでお腹の脂肪を減らす効果があるリバウンドもしにくい痩せ方を知りたい